第41 回東京モーターショー2009 ヤマハがバイクを出展

10月下旬に、千葉の幕張メッセで開かれる第41 回東京モーターショー2009にヤマハがバイクを出品するそうだ。
車もいいけどバイクもいいですよw

~以下、ヤマハのリリース文抜粋~

ヤマハ発動機株式会社は、来たる10 月24 日(土)~11 月4 日(水)の12 日間にわたり開催される「第41 回東京モーターショー2009」(主催:社団法人日本自動車工業会/会場:千葉市・幕張メッセ/特別招待日10 月23 日)において、”The Art of Engineering”をコンセプトとしたブースを出展する。


SR400(F.I.)(参考出品車)
「SR400」は、1978 年3 月の発売以来、変わらぬシンプルなデザインと空冷単気筒エンジン
ならではの鼓動感あふれる走りが、30 年以上に渡って幅広く支持されているロングセラーモ
デル。時代要請に合わせて細部の変更を重ねながらも、流行にとらわれず、モーターサイク
ルの原点を追求するというモデルコンセプトを貫き、「SR」がもつ独自の世界観を深化し続け
ている。
出展モデルは、エンジンにF.I.*を搭載し優れた環境性能を達成しながら、軽量・スリム・コン
パクトという伝統的な設計思想はそのままにSR らしい鼓動感やスタイリングを継承。レトロモダ
ンなメーターパネルや新作サイドカバー&エンブレムなどを採用し、さらなる質感の向上を図
った。
*フューエルインジェクション=電子制御式燃料噴射装置

《その他の展示モデル》

VMAX(市販車)
「VMAX」は、”The Art of Engineering”を具現化したヤマハモーターサイクルの旗艦モデル。優れた加速感や筋肉質なスタイリングが特長。
1985 年に初代型が誕生して以来、約四半世紀ぶりに生まれ変った2世代目の2009 年モデルは、大排気量1,679cc エンジンやアルミフレーム、ヤマハ独自の制御技術などにより、パワフルでありながら快適な走行性を実現。さらに躍動感ある上質で斬新なスタイリングに仕上げている。


YZF-R1(市販車)
「YZF-R1」は、高いコーナリング性能と美しいスタイリングを両立した1,000cc のスーパースポーツモデル。
6 代目となる2009 年モデルは、エンジンからフレーム、全てを一新。二輪ロードレースの世界最高峰クラス・MotoGP で活躍するマシン「YZR-M1」同様の”クロスプレーン型クランクシャフト”を備えた新エンジンにより、今までの水冷・4 ストローク・並列4 気筒にはない、全く新しい走行感覚を実現。本年6 月からヤマハの1,000cc スーパースポーツモデルとして初めて*国内販売を開始した。
 *レースベース車除く


YZ450F(市販車)
「YZ450F」は、オフロードの競技用車両。かつて2 ストロークが常識だったモトクロス界にあって、水冷・4 ストロークエンジンを搭載した「YZ-F」シリーズは、4 ストローク新時代の幕を開けた画期的なモデル。
今回出展の2010 年モデルは、ヤマハのモトクロッサーとして初めてF.I.を搭載し、前方吸気・後方排気という革新的なレイアウトを採用した新設計エンジンと、新アルミフレームにより、特にコーナリング性能を向上させ、様々なシーンでの戦闘力を高めている。また走行性能だけでなく、スタイリングも重視し、シャープで美しいデザインを採用した。


■YZR-M1(参考出品車)
「YZR-M1」は、昨シーズンMotoGP で、ライダー、チーム、コンストラクターの年間タイトル3 冠を達成したレース専用マシン。これを進化させた2009 年モデルも、今季すでにフィアット・ヤマハ・チームのバレンティーノ・ロッシ選手が6 勝、チームメイトのホルヘ・ロレンソ選手が3 勝と、シリーズ13 戦中9 勝を挙げる活躍を見せ、2009 年9 月29 日現在、ライダー、チーム、コンストラクターのランキングトップを快走中。
呼称の”M”は技術開発を市販車にフィードバックする使命(Mission)と、MotoGP でチャンピオンを獲得する使命を表しているが、実際「YZR-M1」に使われているクロスプレーン型クランクシャフトの水冷・4 ストローク・DOHC・並列4 気筒・4 バルブエンジンで培った技術を、2009 年型「YZF-R1」に活かしている。