ニュース

第41 回東京モーターショー2009 ヤマハがバイクを出展

10月下旬に、千葉の幕張メッセで開かれる第41 回東京モーターショー2009にヤマハがバイクを出品するそうだ。車もいいけどバイクもいいですよw ~以下、ヤマハのリリース文抜粋~ ヤマハ発動機株式会社は、来たる10 月24 日(土)~11 月4 日(水)の12 日間にわたり開催される「第41 回東京モーターショー2009」(主催:社団法人日本自動車工業会/会場:千葉市・幕張メッセ/特別招待日10 月23 日)において、”The Art of Engineering”をコンセプトとしたブースを出展する。 ■SR400(F.I.)(参考出品車)「SR400」は、1978 年3 月の発売以来、変わらぬシンプルなデザインと空冷単気筒エンジンならではの鼓動感あふれる走りが、30 年以上に渡って幅広く支持されているロングセラーモデル。時代要請に合わせて細部の変更を重ねながらも、流行にとらわれず、モーターサイクルの原点を追求するというモデルコンセプトを貫き、「SR」がもつ独自の世界観を深化し続けている。出展モデルは、エンジンにF.I.*を搭載し優れた環境性能を達成しながら、軽量・スリム・コンパクトという伝統的な設計思想はそのままにSR らしい鼓動感やスタイリングを継承。レトロモダンなメーターパネルや新作サイドカバー&エンブレムなどを採用し、さらなる質感の向上を図った。*フューエルインジェクション=電子制御式燃料噴射装置 《その他の展示モデル》 ■VMAX(市販車)「VMAX」は、”The Art of Engineering”を具現化したヤマハモーターサイクルの旗艦モデル。優れた加速感や筋肉質なスタイリングが特長。1985 年に初代型が誕生して以来、約四半世紀ぶりに生まれ変った2世代目の2009 年モデルは、大排気量1,679cc エンジンやアルミフレーム、ヤマハ独自の制御技術などにより、パワフルでありながら快適な走行性を実現。さらに躍動感ある上質で斬新なスタイリングに仕上げている。 ■YZF-R1(市販車)「YZF-R1」は、高いコーナリング性能と美しいスタイリングを両立した1,000cc のスーパースポーツモデル。6 代目となる2009 年モデルは、エンジンからフレーム、全てを一新。二輪ロードレースの世界最高峰クラス・MotoGP で活躍するマシン「YZR-M1」同様の”クロスプレーン型クランクシャフト”を備えた新エンジンにより、今までの水冷・4 ストローク・並列4 気筒にはない、全く新しい走行感覚を実現。本年6 月からヤマハの1,000cc スーパースポーツモデルとして初めて*国内販売を開始した。 *レースベース車除く ■YZ450F(市販車)「YZ450F」は、オフロードの競技用車両。かつて2 ストロークが常識だったモトクロス界にあって、水冷・4 ストロークエンジンを搭載した「YZ-F」シリーズは、4 ストローク新時代の幕を開けた画期的なモデル。今回出展の2010 年モデルは、ヤマハのモトクロッサーとして初めてF.I.を搭載し、前方吸気・後方排気という革新的なレイアウトを採用した新設計エンジンと、新アルミフレームにより、特にコーナリング性能を向上させ、様々なシーンでの戦闘力を高めている。また走行性能だけでなく、スタイリングも重視し、シャープで美しいデザインを採用した。 ■YZR-M1(参考出品車)「YZR-M1」は、昨シーズンMotoGP で、ライダー、チーム、コンストラクターの年間タイトル3 冠を達成したレース専用マシン。これを進化させた2009 年モデルも、今季すでにフィアット・ヤマハ・チームのバレンティーノ・ロッシ選手が6 勝、チームメイトのホルヘ・ロレンソ選手が3 勝と、シリーズ13 戦中9 勝を挙げる活躍を見せ、2009 年9 月29 日現在、ライダー、チーム、コンストラクターのランキングトップを快走中。呼称の”M”は技術開発を市販車にフィードバックする使命(Mission)と、MotoGP でチャンピオンを獲得する使命を表しているが、実際「YZR-M1」に使われているクロスプレーン型クランクシャフトの水冷・4 ストローク・DOHC・並列4 …

第41 回東京モーターショー2009 ヤマハがバイクを出展 Read More »

ドゥカティ モデルイヤー2010 プレビュー

ドゥカティから新モデルの発表がありました。相変わらずかっこいいっすね。 ~以下、ドゥカティのリリース文抜粋~ ハイパーモタード 796を投入2009年9月23日 ボルゴパニガーレ発 ミラノで開催されるインターナショナル モーターサイクルショー(EICMA)に先立ち、ドゥカティはハイパーモタード 796のファーストショットを公開。 2010年に向けてハイパーモタード ファミリーはエキサイティングなニューモデル ハイパーモタード 796を投入し、ラインナップを拡充する。アグレッシヴで目を見張るイメージは1100モデルと同様ではあるが、ニュー ハイパーモタードは足つき性に優れた低シート高とスムーズでフレキシブルなニューエンジンのコンビネーションにより都会のアスファルトロードにパーフェクトマッチする。ビジネスコミューターとしても、あるいはオープンロードをアタックするとしても、ライバルの追随を許さない唯一無二のドゥカティ ツインシリンダーパワー、スポーツバイクのDNA である軽量さ、ミニマルなスーパーモタードコンセプトの遺伝子の融合によって、スポーツバイク796は、冷静なロードマナーと熱狂的な想いを融合して駆け抜ける。 796の車重はわずか167kg。軽量エンジンと、シャーシデザインのたゆまない開発、それはフロントフォークトップブリッジとロワーブリッジの設計変更や、1100モデルで見られる鍛造ブラケット類をほぼすべて取り除いた新しいメインフレームなどの成果によって達成することができた。 825mmという796のシート高は1100より20mmも足つき性が向上している。スムーズなパワーデリバリーの新エンジンとの融合により、このハイパーモタードは乗る者すべてに安心と信頼を与えてくれる。 エンジンは81馬力(*)、75.5Nm(*)のトルクをマーク。全てのデスモドロミックLツインがそうであるように、スムーズなライディングを可能にするための妥協のない全く新しいL型ツイン・デスモドゥエ・エンジンである。 このバイクにはアグレッシヴなシフトダウンの際、リアタイヤからの不安定な挙動を防ぐスリッパー機能を持つ湿式APTCクラッチを採用。APTCクラッチの恩恵は、素晴らしく軽いレバー操作を可能にし、それは街中での頻繁な発進、停止や長距離ツーリングにおいても大変有効である。 ニュー796はアーバンスタイルにマッチする2つのマットカラーフィニッシュが用意される。艶消しブラックのフューエルタンクとヘッドライトフェアリングに、ブラックのフレームとホイールのカラーコンビネーション。一方、コントラストの高い艶消しホワイトのフューエルタンクと艶消しブラックのヘッドライトフェアリングに、ブラックのフレームとホイールのコンビネーションがラインナップされる。更に、伝統的イタリアンカラーを愛する者の為に、1100と同様のレッドのフューエルタンク、ヘッドライトフェアリングとフレームにブラックホイールのカラーコンビネーションも用意され、796のカラーライブラリーに華を添える。 (*)諸元数値は全てイタリア仕様 日本への導入時期、価格等につきましては後日の発表となります。 本件に関する問い合わせ:ドゥカティ ジャパン株式会社 03-3794-5001

ドゥカティ ・モーター・ホールディング社 中国初のドゥカティストアをオープン

ドゥカティが初の中国でのショップをオープンしたそうだ。中国でもメイドインイタリーは健在ってことですかね。 ~以下、ドゥカティのリリース文抜粋~ 上海の”メイド イン イタリー”としてドゥカティが紹介される 2009 年10 月23 日 上海(中国) ガブリエーレ・デル・トルキオ(ドゥカティ・モーター・ホールディング(以下DMH)社 社長)はクリスティアーノ・シレイ(DMH社 セールス・バイスプレジデント)、ミルコ・ボルディガ(ドゥカティ アジアパシフィックCEO)と共に、中国で初となるイタリアンモーターサイクルメーカーのオフィシャルストア、”ドゥカティ上海”のオープングセレモニーにてテープカットを行った。この重要な販売チャネルのオープニングは中国モーターサイクル市場にドゥカティが正式に名乗りを上げた事を意味する。 中国の主要都市における車両登録に関する法改正は、ドゥカティが非常に重要なステップを踏み出すことを可能にした。中国においてイタリア製品の認知度が高まる中で、特に大排気量モーターサイクルにおいて、その卓越した”メイド イン イタリー”の全世界大使としてのドゥカティは大いなる脚光を浴びた。 「将来性のあるマーケットの開拓において、今日のアジアパシフィック地域は世界中で最もダイナミックで注目される地域です。」とガブリエーレ・デル・トルキオはストアのオープニングセレモニーで宣言した。「パフォーマンスエクセレンスを常にミッションに掲げるドゥカティは、このような地域において常に、強固なビジネス基盤を似って、存在感を得てきました。私たちは昨年、上海にリージョナルオフィスを設立しました。そして今日、中国市場においてドゥカティを正式に紹介できることを大変光栄に嬉しく思います。世界で名高い、洗練されたパフォーマンスと技術革新、そして勝利の伝統を持つ我々のモーターサイクルにより、私たちは我々の販売ネットワークを通じて、誉れ高い”メイド イン イタリー”の特命大使の責務を授かりました。中国市場の扉を開くことで、ドゥカティは世界中の主要マーケットに進出したことになります。我々のオートバイは世界80カ国以上のマーケットで販売されています。この事実は、重要かつ有意義な数値の達成を意味するだけではなく、我々が既に発表済みの、そして将来にむけたチャレンジのコミットメントを確認するものでもあるのです。中国経済の発展スピードと、”メイド イン イタリー”に対する高い関心の成長は、私たちドゥカティに非常に素晴らしい機会をもたらすと確信します。私たちは今日、ここ中国にドゥカティストアをオープン出来た事と、そして、これから長きに渡る発展的な道程にその第一歩を踏み出したことを誇りに思います。」